一般的な葬儀ついて

一般的な葬儀のメリット

一般的な葬儀のメリットの写真

一般葬のメリットは、参列者をもてなす負担が少ないこと、故人をゆっくりと見送ることができること、葬儀費用を低く抑えることができること、伝統的な儀式や習慣を尊重することができることです。

最近では、伝統的な儀式を省いたり、ほとんど省いたりする葬儀が多いのですが、一般葬であれば、慣習に沿った伝統的な葬儀をしっかりと行うことができます。特にお年寄りが安心して参列できるお葬式のスタイルだと思います。

また、故人と関係のあった多くの人を招待することも可能です。家族葬や直葬など参列者が限られている葬儀の場合、参列できなかった人が後日、自宅にお礼参りに訪れることも少なくなく、かなり面倒なことになります。しかし、一般葬であれば、葬儀当日に参列者全員で故人を見送ることができます。ただし、参列者の人数が少ない場合は、参列者の人数を制限したほうがいいかもしれません。

一般葬は、地域の伝統的な習慣や慣例を尊重した葬儀のスタイルなので、公序良俗に不安のある親族や、地域の伝統的な葬儀に慣れ親しんでいる高齢者も安心して行うことができます。また、故人と関わりのあった多くの人が葬儀に参列するので、故人の人柄や思い出を知りながら偲ぶことができます。

繰り返しになりますが、一般葬のメリットは、しきたりや慣例を重視したお別れができると同時に、関わった多くの人と一緒に故人を偲ぶことができることです。