一般的な葬儀ついて

一般的な葬儀の流れ

一般的な葬儀の流れの写真

死亡時刻が確定するには主治医から臨終を告げらる必要があります。でも、火葬は直後に進められるわけではなく、その前にやることがたくさんあります。

ケースによりますが、多くの病院では何時間か後にはご遺体を安置場所に移すようにお願いされます。ご遺体の安置には、通常、葬儀社の霊安室を使用します。安置室を依頼した葬儀社が葬儀を執り行うことが多いので、家族葬を行っている葬儀社に連絡する。病院による死後の処置が終わったタイミングで寝台車を手配する。

すると、葬儀社が寝台車でお迎えに来てくれます。家族はその車に乗って、安置場所に向かいます。ご遺体が安置されると、お線香があげられます。

出棺後、葬儀社との打ち合わせが始まります。通夜・告別式の時間、参列者の席順、お供え物の受付などを決めていきます。

通夜当日、ご遺体を棺に納めます。出棺後、葬儀社が自宅に祭壇など式で使うものを設置します。その後、僧侶による読経、参列者による焼香が行われます。すべてが終わったら、お通夜のように参列者におもてなしをするのが標準的な流れです。

葬儀・告別式は、通夜の翌日に行われます。火葬の時間にもよりますが、お昼の12時頃からスタートすることもあります。葬儀・告別式の流れとしては、参列者全員が着席すると式が始まります。読経の後、喪主、遺族、参列者の順に焼香を行います。友人・知人からの弔電がある場合は、告別式の中で読み上げます。焼香の後は、故人との最後の時間を過ごすことになります。祭壇から棺を降ろし、蓋を開けて、棺の中に花を入れます。この花を「別れの花」といいます。

葬儀は、僧侶の読経と参列者の焼香で始まります。読経と焼香が終わり、僧侶が退席した後は、故人との最後のお別れの時です。告別式は基本的には宗教的な儀式ではなく、社会的な儀式とされていますが、宗派によっては宗教的な儀式として行われることもあります。故人とのお別れの後、棺は霊柩車に乗せられ、火葬場に向かいます。この時、参列者は自分の車に乗り、霊柩車の後ろを追って火葬場に向かいます。