一般的な葬儀ついて

一般的な葬儀のデメリット

一般的な葬儀のデメリットの写真

一般葬を選ぼうと思ったら、事前にデメリットを把握しておくことが大切です。

葬儀に何人の人を呼べばいいのか迷うケースが多い。葬儀のことを知らなかった人たちが、後日お礼参りに来ることもあります。遺族だけでなく、故人と関係のあった人たちが納得できるように、きちんと話し合うことが大切です。

一般的な葬儀の場合、参列者の数を予測することが難しい場合があります。参列者の数を正しく予測できないと、料理の費用が無駄になったり、料理が足りなくなって混乱を招いたりすることがあります。

家族葬に比べて、一般参列者への対応や気遣いが心身ともに負担となり、参列者一人ひとりと十分な時間を過ごすことができない場合があります。

葬儀に参列する人数が想定していた人数を超えてしまうと、式場に入れない、駐車場が満車になるなどのトラブルが発生することもあります。

これもお葬式の費用が増えがちなポイントです。その理由は、一般葬は参列者の数が増えるケースが見られるからです。斎場の規模が大きくなったり、用意する引き出物の数が増えたりすることで、葬儀費用が高くなる傾向があります。

繰り返しになりますが、一般葬のデメリットは、遺族が参列者の数に圧倒されてしまい、予想以上に参列者の数が多くなってしまうことです。

なお、費用が高額になってしまい、一括では支払えなくなったとしても、葬儀社によっては分割払いやクレジットカードでの支払いが可能であったり、葬儀ローンが使えたり、保険金でまかなえるケースもあったりしますので、詳しくは葬儀社に聞いてみると良いでしょう。